BLOG

朴の森 「心に刻む詞(ことば)の庭」

大分県臼杵市の国宝石仏を訪ねた方はたくさんいらっしゃると思います。
その近くに「深田・心の小径」という、石の遊歩道があることをご存知でしょうか。
「朴の森」とも関係の深い、坂村真民先生の有名な詞「念ずれば花ひらく」をはじめ、古今東西著名人の詞が刻まれた岩を配置した、散歩道ができています。
一周する内に、すっと心に入り込む詞に出逢います。

その石庭をイメージして、猪に荒らされ尽くした中庭を石庭にしました。
シンボルは高さ3mにも及ぶ「凡事徹底」です。

まさに鍵山相談役の座右の銘の中の銘であります。
これは鹿児島県の掃除仲間である、鎌田建設代表取締役鎌田善政様よりご寄贈いただきました。


そして廃棄になりかけた岩の表面を削り、相談役が大切にしている詞を刻み、周りを囲みました。
字体は相談役の長兄が生前書き残したものです。
あるものを活かし、ご縁の力に後押しされて、できあがった石庭をお楽しみください。

石庭の造作により、「心温かきは万能なり」の石碑も、耕心の里入口に移設致しました。
これは雀鬼と呼ばれる桜井章一先生のお言葉を、貴重なサヌカイトに刻み、四国の有志からご寄贈を受けたものです。