BLOG

清風掃々第20号 平成24年11月発行

講話 

 家には風というものがあります。目には見えないけれど、どの家庭にも必ず、その家々に流れている「家風」というものがあります。目で見ることはできませんが、その人の姿で、その風を私は感じることができるのです。
 学校には校風、会社には社風があります。私たちは知らず知らずのうちにその風の影響を受けてゆくのです。そして、その風の影響を受けるだけではなく、その人の姿が逆に校風、社風に影響を及ぼしているのです。ですから、皆さん方がきちんとしていれば、ますます校風、社風を良くしていくことができるのです。
 けれども、もし一人でも二人でもそういうことに無関心で 自分は自分で と勝手な行動をすると、その歴史を冒涜することになります。人の積み上げた努力を踏みにじることになります。

 一人であっても、学校や会社の規則、家風の決まりを守る努力を、皆さん方にはしていただきたいと願っています。
 規則や約束は守るために存在しているものであって、破るためにあるものではありません。守るために規則があり、約束が存在するのです。
 こんなことでいいやと疎かにすると、目には見えないうちに少しずつ校風、社風が崩れていきます。
 そういうことのないように先輩が築いた校風、社風をもっと良いものにしたいとなれば、皆さん方の人生はとても意義あるものとなるのです。